読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつの小さな地球

ASDでHSPなシニア女性の日記です

何とかしたい

人と違う自分

「相手の気分を飲み込んでしまう」
「相手に同調しすぎる」

他人の意識にとらわれて そのことが頭から離れない
そんな時間を長く過ごす

その他人はほんの一瞬
たったの1秒そういう表情しただけなのにね

それを引きずる自分って何なんだろう

不調な毎日

人と違う自分

このところけっこう不調です
いろんな思いが頭のなかに
ぐるぐるまわってとらわれ続けている

これって軽いノイローゼなんですかね?
周りから見れば普通に生活しているんですけどね
友人と旅行にも行ったし
職場の同僚と美味しい和食の店に行ったりした

まあ、普通といえば普通
これで満足できるかといえば満足していけばいいと思う
だけど何かあるたびに頭がぐるぐる

自分はやっぱり人とは違うと、どんどん追い込んでいく
音楽をたくさん聴きたくなって
しばらく夢中になっていた

頭のなかを音が占領していれば
へんな雑念とか追い出せると
これでいいのだなと思ったけどね

また戻ってしまった
音楽を聴くよりも
静かがいい。無音がいい

そうするとまた襲ってくる
いろんな思いが

このまま低空飛行でいたくないので
何とかしたい

これからどうしよう

HSPだと思う

ずっと考えていた
「過剰同調性」
「他者と自分の間の境界線が薄い」
実際自分はどうなのだろう

話している相手の気分がそのまま自分にのり移ってくる
相手が悩んでいるとまるで自分のことのように感じる
その場の空気を感じてこわさないようにしなければいけないと思う

そうだったのだなあ・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ

No と言えない

人と違う自分

何か相手の意向がわかると
私はついつい同調してしまう

同意を求められると
考えることもなく反射的にうなずく

いや、私はこう思うんだ
とか言えない

職場の送別会開催のお知らせの返事でさえ
幹事の係長へ欠席のメールを出すのが
いやで、後回しにしておいたりする

そうすると返事の期限を過ぎてしまって
再度出欠確認のメールをいただいてしまい
残念ながら欠席しますと返事するんだけど
それがますます心苦しい

こんなちょっとしたことでさえ
自分の意向を表明するのがいやなんですかね、私は


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ

会には出席しない

人と違う自分

職場の隣接部署の今の係長に代わってからは
いろんな会の開催がものすごくふえた
職場の親睦をとても大切にする方のようだ
新年会、忘年会、歓迎会に送別会
一年に何度も開催お知らせと出欠確認のメールがくる

私はすべて欠席することに決めている
アルバイトですからね
これが正社員だったらそうはいかないでしょうね

もし誰かに誘われて出席することにでもなろうものなら
その日からストレスな毎日が始まってしまう
ぜったい出ません

ところで、欠席とメール返信するわけですが
それがまたおっくうでたまらない


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ

うっかり引き受けてしまう

人と違う自分

さらっと断ればいいのに
それに気づかず引き受けてしまって
自分でストレスの元を背負ってしまった私

その仕事はイベントの手伝いなのだけど
難しい仕事ではない
だけど、その場に応じて臨機応変に動くことが求められる

緊張してむかえた当日
(たぶん)無事にやり終えることができた
さいわい帰りに打ち上げという話もでなかったので
すぐに家に帰ることができたけど

いやー疲れましたね
その晩と次の日と、そのまた次の日も
頭のなかがざわついていた
ぐったり、何もできずにぼんやりしていた

すぐに切り替えて別のことできればいいのに
とくに頭が疲れていましたね


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ

こわくてしかたがない

人と違う自分

去年引き受けた仕事もそうだった
知人に、人が足らなくて困っているみたいだから
誰かいないだろうかと連絡をもらい
ホイホイ引き受けてしまったのだ

臨機応変に動かなければならない
その仕事をして疲労でへとへとになり
懲りた、とことん懲りてもう絶対やらないはずだった

それなのにね、また引き受けてしまった
今回はほんの半日の仕事で
すぐ終わるとはいえ
事前にえらく緊張した
数日間気重な日が続いた

何が起こるかわからない仕事
こわい
実際にはぜったい大したことなく
何事もなく終わるのはわかっているのに
それでも怖い

なんでしょうかね、私
気が小さいのでしょうね
どうってことないことを
とてつもなく怖いことと受け止めてしまう


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ