読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつの小さな地球

ASDでHSPなシニア女性の日記です

食事をしながら会話する

職場近くのお店に行ってみたいと同僚とお昼休みに出かける 注文したランチがきただけど会話に加わるべくがんばっている私はすでに味わう余裕がなくなっている 味も食材もわからず口に入れて噛んで飲み込むだけ 同僚はあんなにたくさん喋っているのにここの料…

人間らしくなりたい

昔、大学受験のときに私の合格のためにいろいろ教えてくれた教育実習の先生がいた 合格したい大学に見学に連れていってくれてその後手紙でいただいたアドバイス「あなたはもっと人間らしい気持ちを持ちなさい」 私は理解できなかった揺れ動くたくさんの気持…

目立ちたくない

私はとても変わった人間らしいから目立ちたくない。当然ながら 大学時代に友人から「目立たないようにしているからかえって目立っている」と言われたことがある そういえば、社会人になってから取引先の方に言われたことも覚えている 取引先の人「黒い服が好…

ずっと引っかかっていた

自分が障碍者だとは夢にも思っていなかったころ 就活中だったから大学4年だったと思う外部でビジネスマナーの講習を受けたとき そこで、記憶がはっきりしないけど自分が相手にどんな印象を与えるか相手がどんなふうに見えるかそれをお互い言い合うようなそ…

人の気持ちを受け止めない

私はパート社員で、それもフルタイムで働いていないのでもうちょっと収入がほしくて別の仕事を同時にすることになった 上司に兼業の了解をもらってそこで上司が冗談ぽく言った言葉「△△さん(私のこと)新しいところで有能さを発揮して こっちを辞めたりしな…

「本当は誰もが自分を救う力を持っている」

フラッシュバックについて検索していたら見つけた記事「NKのつぶやき」さんの 「育児パパのあったか・やさしい発達障害談義」というブログ以前の記事ですが2011年12月14日 http://ameblo.jp/kanrinin-hp/entry-11103654892.html 「発達障害特有の激しいフラ…

デフラグがなぜか好きだった

午前も午後も夜も予定を入れて四六時中フル回転している人がいる誘いを断らずに全部しっかり楽しんでいるすごいなぁ私には無理無理!ぜったい無理(そもそも私には誘いが来ないからそういうことには絶対ならない)昔よくデフラグの画面を見ていた今もあるの…

障がい者であることに

私のこの年齢で診断を受ける必要はなさそうだと思うので未診断ではあるけど私がいわゆる発達障碍者であるのはほぼ間違いないさいわいこれまでの職歴でとくに困ったこともなく長い間気づかなかった 詳しい分類のしかたはわからないのだけど高機能自閉症、自閉…

100人のうち1人いるなら

自己分析を始めたらやめられなくなったこれも私の特質のひとつだいっきにぐいぐいのめり込んでいく誰のためにもならないし自分のためにもよくないじゅうぶんわかっているのに止められない自分のことふりかえればふりかえるほど自己嫌悪がどんどん育っていく…