読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつの小さな地球

ASDでHSPなシニア女性の日記です

被害にあっても言えない

もし同級生男子に何かひどいことをされたら それでも言えません その男子たちにも、親にも、先生にも こわくて言えない 誰にも言わずに そもそも自分の感情があるのかないのか どこに向かっているのかも、そのときはわからない そしてしばらく時がたって 思…

悪だくみに気づいても

自閉的で自分の気持ちを表現できない私 それをいいことに私をターゲットにする 悪いたくらみに気づいたとしても私はそれを誰かに言って 手を打つことができるわけもなく 本当にあぶなかったなあと、今思う 女子の体の変化に男子は興味津々 私と同じタイプの…

悪企み、聞こえてるのに

中2か中3のとき クラスの男子が相談しているのが聞こえた 「〇〇(私のこと)なら味方が誰もいないんだから △△××しちゃおうぜ」 わたし聞こえているんですけど・・! 本人に聞こえているのによく話せるなあ その男子今も覚えている、顔も名前も その男子は…

かんもくだった理由は

幼小中高と緘黙症だったのは私がHSPだから これが理由、私に関しては間違いなし つい最近知ったHSPという特性 だからだったんだ私は敏感すぎて耐えられず緘黙になったんだすべてすとんと腑に落ちた たくさんの人、初めて会う人こわくてたまらない こわいけど…

配慮どころか

小5の時だったと思うけど運動会の何か複合競技で誰が何をやるかを先生が決めていた 私はいちばん簡単な前転のグループになりそうだったけど後転を練習していたらできるようになった それを見た他クラスの先生が後転のグループに入れてくれた前転か後転かと…

何もわかってない先生

緘黙児の担任シリーズ続いていますが、もうあと1回くらいです 小5、小6の担任は定年間近くらいの男性教諭だった昔気質、頑固爺タイプクラス全員から嫌われていてへんなあだ名もついていた 担任は2年間嫌われ続けて音楽の先生が「先生ね、職員室ですごく…

親と担任との板挟み

小4の担任は新任の花やかな雰囲気の先生(40代くらい)だった自分は生徒に人気があると自信たっぷりで、それが自慢のようだった 家庭訪問で担任は母親に言った私が学校でこれもできない、あれもできないと(みんなの前で喋れないとかそういうこと) 母親は…

声が小さかった

小学校では、声が小さいと言われた(今もだけど)授業中答えても声が小さくて聞こえないと何度も言われた 声を出すのも嫌になったいくら声出したって聞こえないんだし 爪を噛む癖があって先生に何度も注意された爪にマジックを塗られたそうすれば治るだろう…

昔の記憶は別の場所に

小学校の時の緘黙についていろいろ考えていたら数珠つなぎにいろいろ思い出した このままでは緘黙ブログになりそうだ それにしても昔の記憶って、きっかけがあるとどんどんよみがえるものなんだねえ・・長いことずっとどこかの奥に潜んでいたんだね このまま…

何とかしようとしてくれた

小6のときにクラス女子に責められたとき自分が一気に谷底に落ちていくような感じがしたそのこと自分の親にも言ってないし、誰にも言っていない 大人になって思い出すことはなかったけどこの日記を書き始めて、久しぶりに当時のことがよみがえってそういえば…

忘れられない忘れたいこと

私はいじめを受けることはなかったと書いたけどつるしあげだったらあった (重たい話ですみません・・) 小6の修学旅行で宿に着いてクラス女子が部屋にいたところでクラスのボス格の女子が私になぜ私がみんなと仲良くしようとしないのか、問いかけた 私は例…

不登校もなかった

私は小中高と不登校はなくて(そもそも当時はそんな言葉もなかった)だから学校はひとつも楽しくなかったけど登校しつづけた その状況から逃げるということは思いつかなかったそれは、真面目というのとは違うと思う 今から思うと、きっと発達障碍者ならでは…

いじめられたことはほとんどなかった

今思い出すとほんとに、いじめられたことはなかった 小2のときに後ろの席の男子たちが消しかすを私の髪の毛に投げつけていた小さな笑い声が聴こえた でも、こわくて何もできずに休み時間にその男子たちがいなくなったときに振り払って落とした それくらいな…

学校のときの緘黙について

自分の学校時代の緘黙についてまた考えている 小中高と緘黙しながら学校に通い続けて友だちは一人もいなかった で、思ったんだけどそれで良かったんではないか(あくまでも私の場合です) 私には無理だったろうなあ・・こんなに周りのことビリビリ感じてあれ…

ゆううつだった日曜日

「シベールの日曜日」(仏映画 1962年)小4のときはひとりでずっと泣き続けたけど大人になってからふと、思い出してまた見たらそうなるのかなと思って もう1回見てみた、30代くらいのときだったはたして、最後のシーンでいきなり終わって同じように涙が勝手…

日曜日はゆううつだった

「シベールの日曜日」(仏 1962年)という映画があって小3か小4だったか、テレビで見た見終わって涙がどばっと出て止まらなくなった その時の実家のテレビのある部屋の様子まではっきり覚えている 日曜日って何ともいえない日 金曜夜に土曜日は最高だった素…

緘黙が最良の手段

また場面緘黙について クラスメートとうまく関わることができない仲良くすることはおろか意思疎通さえできない そんな私が生きていくには緘黙しかなかった そういうことだと今思った 子どもながら試行錯誤したわけでもないだろうけど緘黙に落ち着いた 下手に…

手助けしてほしかったこと

子どものころクラスでいつもひとり当時の担任に今ごろ要望してもどうしようもないけど 先生に何をしてほしかったんだろう ・同じようにおとなしくて友だちができにくい子と 仲良くできるようにしてほしかった、クラス替えも配慮してほしかった・遠足とか修学…

先生は助けてくれなかった

クラスでいつもひとり無表情だったからわからなかったろうけどそれに自分でもどうすることもできなくて一見淡々と毎日を送っていた 授業中の先生の質問、これなら私は普通に答えていたそういうことはなぜかできた声が小さいといつも何度も言われたけど なん…

先生に助けてほしかった

学校でいつもひとり自分でもあきらめていただってどうしていいかわからない それを助けてくれるひとは誰だったのだろう 親はたぶん難しいだって親に言いたくない学校で自分がそんな惨めだなんて家で話すにしてもきょうだいだっている家ではぜったい言わない…

なんでかんもくしてたのかな?

私は幼小中高みごとに緘黙し続けたパチパチパチ・・(むなしい) そんな長くかんもくしたのはなぜなのか?・・ちょっと考えたけどわからない(自分のことなのに) ちょっと待ってねいろいろゆっくり思い出してみるから今緘黙している子たち本人も親も、きっ…

「場面緘黙症」って何?

「発声器官に器質的障害がなく、言語の習得にも問題がないにもかかわらず特定の場面で継続的に発語ができない状態」 「家では話ができるにもかかわらず、学校に行くと一日中全くあるいはほとんど話ができずしかもそうした状態が何か月や何年といった長期間続…

場面緘黙

「場面緘黙」最近知った言葉なんか、いかにも自分に関係がありそう このところ、いろんな情報が押し寄せてくる 調べてみようと思うけどでも、症状名とか病名とか知ったら意識してしまって、もっと症状が強くなってしまったりして それか、または本当の自分を…