読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつの小さな地球

ASDでHSPなシニア女性の日記です

みんなよくいろいろ知っているなあ

職場でお昼休み同僚との会話といえば休みの日にここへ行った、あそこへ旅行したイベントに行った、美味しいお店に行ったどの店がお得だからこれ行かなきゃだめとか テレビ番組のこれがおもしろい、ドラマ、特に朝ドラこれを見てないと会話に入れない(私はそ…

謙遜されたら

これも褒められパターンと同様かと思う ・謙遜されたら「そんなこと絶対ないよ」とすぐに力強く否定する・さらに自分も同じとひたすら謙遜する でも、どうもこれが私はだめだ相手が謙遜し始めると、私は心のなかでフリーズしてしまう 私にとってありがちな流…

褒められたら

私は褒められてもあまり強く否定しない(めんどうだから) 私にとってありがちな流れ 知人「まどさん、○○上手ですねえ!」私「いや、そんなことないです」(一応はさらっと否定)知人「ほんとに上手ですよ」私「・・。それはそうと、・・」(否定せずに別の…

一応生きていけている

発達障害とかアスペルガーとかの本を図書館から借りて少し読んでみたけど ADHD傾向のところを除くとまさにどんぴしゃり私のことが書いてある こんなに本がたくさんあるのにいままで気づかなかったんだなあ でも、いま苦労していることは比較的少ないそして深…

同じだねと、あちこちで言っている

周りの人は「同じだね」といってどんどん親しくなっていく感覚が同じとか、好きなものが同じとか悩んでいることが同じとか、性格が似ているとか同じだと一気に距離が縮まるようだ たとえば、4、5人で話していてそのなかの2人がお互い同じだということを発見…

平行線は交わるらしい

定型さんになじみたい、と思ってもやはり自分とは違うと思う距離を感じる。体が、頭がどんなに努力しても縮まるような気がしないところで平行線は交わるらしいずいぶん昔だけど学生のころ数学のクラスでそう聞いたそれを言っているのはロバチェフスキーとい…

どんな定型さんと関わるか

以前に職場の同僚(定型)が言っていた「私は社内で誰かに話しかけられたらその時どんなに忙しくても断らずに話をする」自信たっぷりだったたしかにその同僚はあちらこちらでよく立ち話をしていた延々と長話していることもあった・・それってさぼってるだけ…

できるかぎり努力する

定型、非定型、2種類の人間がいる(らしい)だから私は生きづらい(ということ?)ほんとかどうか、それはともかくとして努力を始めてみた目標は、「定型さんに違和感を持たれない」知り合いと会ったら素早く目を見て、目を合わせてできるだけ表情豊かに笑…

社会に適応しづらいけれど

非定型者の方々が社会に適応しづらい様子はまるで戦に負けた平家の人たちが海上に追われて船に乗って彷徨っているかのようだ陸地に上がることはできず上がれたとしても落人となって身を隠して生きる・・こんなこと言うから私は周りに違和感与えるんだよね自…

同じ楽しみはあきらめた

私は数年後に仕事を退職する予定でその後は趣味の仲間作りをしてその仲間と過ごしていきたいと漠然と考えていたでも仲間とわいわい、楽しい時間を過ごすこれ私には無理なんだよね、たぶんこれまでだってぜんぜんダメだったし自分のことがよくわかってなかっ…

自分のことをもっと知りたい

今後は定型さん社会になじむよう努力することに決めた必要なことだから経験が長いからすでにけっこうなじんでいると思うでも正直言って頭が疲れる、体もくたびれる 自分のこの状況に気づいてからはさらに激しく疲労する毎日だ小さなことでクヨクヨ、へとへと…

悲しんでいてもしかたない

自分がいわゆる発達障碍者であるとわかって以来毎日、心のなかで泣き続けてきた歩いていても、スーパーで買い物していても泣ける、自然に泣けてくる泣かないのは職場にいる時くらいでも泣くのがさすがに飽きてきた解決しないし疲れたしもう泣くのはやめた割…

アイコンタクトって何?

定型さんたちはアイコンタクトをとってお互いに通じ合っているそうだ ずいぶん長く生きているけど、ぜんぜん知らなかった そういえば、私のまわりでどんどん皆が友達になっていく そのスピードがものすごいと思ったことは何度もある そうか、そんな高等な通…

多数派に合わせる

自分がASDとわかってから、ネットでずいぶん調べた これからどうすればいいんだろうと まわりに違和感(ときには不快感も)を与えながら生きてきたんだね、私は 思い当たることはいっぱいある だからいつも一人だったんだ 子どものとき、学生のときは悲惨だ…