読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつの小さな地球

ASDでHSPなシニア女性の日記です

いじめられたことはほとんどなかった

今思い出すとほんとに、いじめられたことはなかった 小2のときに後ろの席の男子たちが消しかすを私の髪の毛に投げつけていた小さな笑い声が聴こえた でも、こわくて何もできずに休み時間にその男子たちがいなくなったときに振り払って落とした それくらいな…

こけしみたいだって

そういえば思い出した若いときにこけしみたいな顔だと言われた それを私は、日本的な顔立ちという意味だと受け取ったのだけど そうか、大きな勘違いだった表情がない、そういうことだったんだ たしかに、こけしは笑みを浮かべていても表情は変わらないうーん…

幼く見える

私はこれまでいつも若く見られてきたのだけど特に童顔なわけでもない若作りしているのでもない そうか、やっとわかった若く見えるというより、幼く見えるんだね表情が少ないから 外見が豊かに熟成していくことが定型さんよりもぜんぜん遅くて 笑い皺が素敵な…

若く見える

自分の外見について書くのもなんだかなと思うけど「発達障害者は若く見える人が多い」と知ってまさに当たっているので書くことにする 私はこれまでいつでもひと世代くらい若く見られてきた 中学のときは小学生に高校のときは中学生に大学のときは高校生に 40…

心のなかがわからない

表情に表さないで思い出したけど学生のころ、ラウンジで同じクラスの男女でトランプをしたりした何のトランプゲームだか忘れたけど1人の男子が「たいていの人(女子)は顔見れば(手の内が)わかるけど○○さん(私のこと)だけはまったくわからない」と言っ…

わけわからないけど、とにかく自分は人と違う

感情はわいていた、かつてはかつてとは、たぶん物心ついて周囲と関わりはじめる前近所の幼なじみと遊んでいて「困っちゃうんだよね」と私のこと別の子に言っているのがきこえた幼なじみの家に遊びに行ったら居留守をつかわれた「家にばかりいないで外で友だ…

感情がないわけではない、ある

昨日「感情がすぐにわかず無表情」と書いたけどそうではなく「感情はすぐにわくけど表出に時間がかかる」ということではないかと思ったそうだだってうれしい、楽しい、可笑しいその場でいつもみんなと共有していたよ 心のなかでね悲しい、さびしい、つらい腹…

感情がわくまで時間がかかる

発達しょうがいしゃの私のようなタイプ一見耐えがたい状況におかれても無表情傍から見ると不思議だったと思うこれが定型のお子さんだったら騒いで泣いて先生や親にうったえて何が何でも脱出しただろうそれをまったくしないで真面目に登校し続けた私昔の自分…

今のお子さんたちはどうなんだろう

今、私と同じく自己表現できない子どれくらいいるのかなあ発達しょうがいしゃについて情報もかなり行きわたっているようだし保護者さんたちも必死の努力されているみたいだすごいなあ先生に配慮してもらっているだろうか守ってもらえているのかな少なくとも…

表情が乏しいというか、ない

私は、子どものころは表情が少ないというか、なかった感情も何もまったくないように見えたと思う表情で表現できないのでしなかった言語表現も同様で何を喋ったらいいのかわからないし言葉が出てこないので自分から喋ろうとはしなかっただから私はクラスのな…