読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつの小さな地球

ASDでHSPなシニア女性の日記です

反応がとても遅い

脳の働きが遅い

反応できないわけではない
自分の意見もある

ただ、それに至るまで時間がかかる
定型さんが瞬時にできるのに対して
たぶん私は数倍、数十倍、数百倍の時間がかかっているのだろう

話が終わってから、あの時の私の意見はこうだったとか
その件については私はいい情報を持っていたとか
あとで気づく。ただしもう遅い

脳の回転が遅いから?

何か意向を聞かれてもすぐに答えられない
スピーディーに話が進むその場に合わせて
なんでも思わず頷いてしまう

あとで後悔したこと数知れず
でもそれだけならいい

喋ってしまってから、適切な言葉ではなかったと
気づくことが多い

たいていきつかったり違和感がある言葉
相手はそこで??ハテナマークとなる

そして、この人どういう人?となる
相手の表情で気づいて
慌てて訂正したりフォローしたりしたくても
それがまたできない

かくしてその人にとって私はちょっと変な人となり
もちろん友達になるどころか
距離を置きたい存在となる

こういった流れ、たくさんあった
不成功体験ばかりが積み重なっていく

悲しみは駆け足でやってくる
そんな歌があったかなあ
あまり関係ないかもしれないけど

脳の働きが遅い
それがそもそもの元なんだね