読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつの小さな地球

ASDでHSPなシニア女性の日記です

悲しんでいてもしかたない

定型者さんたちと関わる

自分がいわゆる発達障碍者であるとわかって以来
毎日、心のなかで泣き続けてきた
歩いていても、スーパーで買い物していても
泣ける、自然に泣けてくる
泣かないのは職場にいる時くらい

でも泣くのがさすがに飽きてきた
解決しないし疲れたし
もう泣くのはやめた

割り切って生きていく
定型さんが多数派なのだから
合わせて生きていく
(だって、しかたないじゃん)

それにしても、つくづく
定型さんとは
自分は根本から違う人間なんだなあと
思った、気づいた

でも仕方ないよね
数が違うのだから

それに定型さんたちの考え方は
やっぱり理にかなっていると思う
みんなで仲良くやっていけるし
やっぱりすごい。それがいいんだ
そう思うようにする