読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつの小さな地球

ASDでHSPなシニア女性の日記です

ピースがはまって絵が見えた

自分がASDだとわかって
とにかく衝撃的だった
目の前の日常の風景がこれまでとは別の色に見える

定型と非定型、人間には2種類いる
このこともね、ぶん殴られたようにおどろいた

私は差別とか人間の区別とかが大嫌いで
そんなこと絶対許せないのに

いま自分から定型非定型と区別してるなんて・・
なんだか、あり得ない!

地球の裏側にまた別の世界があった、って
なんかゲームでやったことあったけど
今の新しい世界、そんな感じ

でも、いままでずっとなぜか苦しかったこと
どれもがわかった

自分だけじゃなくて、ほかの同じく苦しいみんなのことも!
初めて見えてきた

ジグソーパズルのピースがぜんぜん合わなくて
長いことそのままだったのが

1つはめてもらったら次々に
どんどんパタパタはまり始めて最後のピースを置いたら
ひとつの絵が見えてきて、そして納得した

この人生の展開に
驚きすぎて言葉もない

思うことはあふれるようだけど
今日はこれだけでやめときます