読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつの小さな地球

ASDでHSPなシニア女性の日記です

先生に助けてほしかった

学校でいつもひとり
自分でもあきらめていた
だってどうしていいかわからない

それを助けてくれるひとは
誰だったのだろう

親はたぶん難しい
だって親に言いたくない
学校で自分がそんな惨めだなんて
家で話すにしてもきょうだいだっている
家ではぜったい言わない
(私の場合です)

だから先生に助けてほしい、担任に
そのとき気づいてほしかった
毎日苦しいことに