読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつの小さな地球

ASDでHSPなシニア女性の日記です

何とかしようとしてくれた

場面緘黙長かった

小6のときにクラス女子に責められたとき
自分が一気に谷底に落ちていくような感じがした
そのこと自分の親にも言ってないし、誰にも言っていない

大人になって思い出すことはなかったけど
この日記を書き始めて、久しぶりに当時のことがよみがえって
そういえばそのときのつらさは今も体のどこかにある

でも、私を責めたボス格女子は私のこと考えてくれたんだよね
何とかしようとしてくれた

幼なじみはいくら親に言われても
私みたいなひとりぼっちの変わった子と関わりたくなかったろうね

私が何も反応しないから、やっぱり私が悪かったんだね
でも何もできなかったよ。それができるんだったらそもそも緘黙になってなかった

子どもだから、事態を良くしようとしても
相手を傷つけるだけで終わってしまう


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ

にほんブログ村