読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつの小さな地球

ASDでHSPなシニア女性の日記です

配慮どころか

場面緘黙長かった

小5の時だったと思うけど
運動会の何か複合競技で
誰が何をやるかを先生が決めていた

私はいちばん簡単な前転のグループになりそうだったけど
後転を練習していたらできるようになった

それを見た他クラスの先生が
後転のグループに入れてくれた
前転か後転かというそんなレベルだったけど
運動何やっても最低な私は
ひとつ上にあがれてうれしかった

その後、人数の関係で
後転から前転に1人移らなければならなくなったらしい

そのとき、担任は私を指さして
この子でいいですと、私に決めた
私は前転に戻ることになった

鈍い私だったけど
どんな扱いを受けたかはわかった
私は何をやってもダメな生徒

だって、今でもはっきり覚えている
そのとき担任がまったく迷っていなかったことを

練習すればできると気づいて
今でもおぼえているくらいだから
かなりうれしかった
いきなり摘み取られて悲しかったなあ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ

にほんブログ村