読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつの小さな地球

ASDでHSPなシニア女性の日記です

よく言えば粘り強い

ガス料金の話(古い話です)が続いています

2種類の料金表の存在を知って
当然のことながらアパートの管理会社と不動産会社
それに同棟の方(4世帯のアパートで同じような新婚夫婦だった)にも状況を話した
皆驚いて怒っていた

たぶんそれぞれガス会社営業所に苦情の連絡を入れたことと思う

そして営業所から、このたびガス料金を値下げすることになったとの連絡が入った

私「急に値下げするのはなぜですか?」
ガス会社営業所所長「以前からその予定だったんです」
私「・・・」

私「お宅の検針員は2つの料金表を持って、このアパートにはこの料金表とそれぞれ使い分けて検針票を発行しているのですか?」
所長「いや、それはええと・・」

私「いつも佐藤さんという検針員さんが検針しているようで
「佐藤」の印がありますが、これはあなたですか?」
(所長も佐藤という名前だった)
所長「違います。別人です」
私「・・・(たぶん所長本人なんだろう)
(別料金のアパートだけ所長が検針していたのではないだろうか・・)」

聞けば聞くほどはっきりしない回答ばかりで
あっさり引き下がるわけにもいかなかった

所長を呼びつけたり、電話したりして
こういうやりとりを何度か続けた

私は、よく言えば粘り強い
悪く言えばしつこい

まあ、そういうわけで
たとえ値下げされようと、この追及を終わらせる気はなかった