読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつの小さな地球

ASDでHSPなシニア女性の日記です

「パターンをつかむのが得意」

どんな仕事ができるのだろう

発達障害者はどんな仕事が向いているのだろうと
いろいろ探していた時に見つけたのがこちらのページ

発達障害の「生き方」研究所|Hライフラボ

データアナリスト、え?そういう仕事があるのですか!

アスペルガーは脳の特性上論理性がよく発達しています。」

あ~たしかに。定型さんには敬遠されがちな特性ですかね・・

アスペルガーは普通の人よりも細部に目が行きやすいです。
つまりデータの微妙な挙動を把握しやすく、一般的にデータのパターンをつかむのが得意。」

まさに!私これやってみたかった。長年生きてきたからわかる
いろんな場面で何度も感じた。私はこういう方向が向いている
(能力として足りているかどうかはわかりませんけどね)
でも、たぶん若いころはわからなかったね。目の前のことで精いっぱいだったし

そして、たしかに
細部に目が行くから、余計なこと言って周囲や友だちに違和感を与えてきた

これやってみればよかった
でも、今ごろ気づいても遅いんだよね・・
私の人生、そこがちょっと心残りかなあ

得意なものを仕事に生かせていたら
もっと自分に自信があったかもしれないね


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ