読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつの小さな地球

ASDでHSPなシニア女性の日記です

「思慮深く内気でおとなしい人々は、理不尽な目に遭い苦しんでいる。」

HSPだと思う

気が弱い人の生き残り方

再び引用させていただきます

はじめに

「気が弱いのを直したい」
「お人好しでいつも損ばかりしている」
「普通の人にとっては何でもないことでも取り乱してしまい、いつも情けない気持ちになる」
「何かにチャレンジする時、失敗を恐れるあまり緊張してしまう」
「まだ何も起きていないのに、悪い展開を想像してしまい胃腸が痛くなる」
「自分は一生強くはなれないんだと、絶望的な気持ちで日々を過ごしている」
「感受性は豊かな方がいいとされているが、正直、豊かな感受性なんて生きる上で邪魔にしかならないと思う」
「初対面の相手ともなれなれしく話せるお笑いタレントのような人間がいる一方で、自分は同僚と少し話すだけで疲れてしまう」
「大勢の前で発表する時などに、だんだん頭の中が真っ白になってセルフコントロールが利かなくなってしまう」

これ、全部私のことじゃありませんか!

現代社会で得をするのは、攻撃的で声が大きく、自分のことしか考えない図太い人間ばかり。
それとは真逆の、思慮深く内気でおとなしい人々は、あらゆる場面で損な役回りを押し付けられ、理不尽な目に遭い苦しんでいる。

これまで意識しませんでしたが、子どものときはともかく
成人してから自分の意志で自分の生き方選んできたつもり・・・
だけどなぜか私はいつも、自分の足で立つこともできない池とか沼とか、息するだけで精一杯な
そんな場所で生きてきた


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ