読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつの小さな地球

ASDでHSPなシニア女性の日記です

「他者と自分の間の境界線が薄い」

「「敏感すぎる自分」を好きになれる本」長沼睦雄 青春出版社 2016

HSPの大きな特徴に、他者と自分の間の境界線が薄いということもあげられます。」p.46

そう聞くと自分は違うんじゃないかと思われるわけです・・最初はね
だって、私は他の人とけっこうな距離があるように思う
(家族や肉親さえ)

自分で考えたことを他者に向かって表現しないし話さない
ということがとても多い

いつでも人と距離をおいている
まったくもって、とっつきにくい人間だと思う

でも、この本によると、そういうことではないみたいです